横浜の防犯カメラ工事なら、みなと通信システム株式会社にお任せください。

横浜防犯カメラ工事
防犯カメラ工事・保守のご相談は「横浜防犯カメラ工事」へ
ブログ
[最近の記事]

2016/02/12

みなと通信システム株式会社は、横浜市及び周辺地域で防犯カメラの販売、工事、保守を行っている会社です。……続きを読む

ブログ記事一覧
新着情報
2016.02.12
みなと通信システム株式会社は、横浜市及び周辺地域で防犯カメラの販売、工事、保守を行っている会社です。……… 続きを読む>>>

RSS
全て表示
防犯カメラを設置する時に必要な物とは!
みなと通信システム株式会社は横浜市及び周辺地域の法人、学校、病院、介護施設、マンション、倉庫、工場、スーパーなど向けに防犯カメラの販売、工事、保守を行っている会社です。
また、他社で購入された防犯カメラの保守や、既存のカメラのスムーズな入替えのご提案をいたします。
防犯カメラシステム
防犯カメラの基本構造を詳しく見る
防犯カメラを選ぶ時のポイントとは!
設置場所
一戸建て・アパート・工場・駐車場
防犯カメラは、犯罪抑止や、不審者の侵入の抑止や監視、または万一の時には記録した映像を見て犯人を捕まえるために使用するのが目的です。そのためには、一戸建て、アパート、工場、駐車場など、使用する環境によって十分に考えた上で取り付け場所を決めなければいけません。
例えばスーパーやコンビニなどでは、万引き防止のために数多くの防犯カメラを設置するケースが目立ちますが、飲食店や会社などに設置する場合は、厨房や警備室などから来客や従業員、社員などを監視することを目的としていることが多いので、目的別に製品の性能や大きさなども考えて選ばなければいけません。
詳細情報
製品種類
ボックス型・ドーム型・屋外用
一口で防犯カメラと言っても様々な種類があります。ボックス型は最もシンプルでオーソドックスなカメラで、その名の通りに四角い箱型のモノで、先端にレンズが付いているため、一見してカメラだと分かります。そのため、取り付けておくだけでも高い防犯効果を望めます。ドーム型は、よく銀行やコンビニなどで見かける丸い形をしているカメラで、最近ではマイクが内蔵されているタイプもあります。
屋外用は雨風にあたっても大丈夫なような造りとなっていますが、間違って防滴・防雨・防塵機能がない屋内用の防犯カメラを屋外に設置しないように注意しなければいけません。
設置場所や用途に合わせて防犯カメラを選びましょう。
詳細情報
ネットワーク監視・ハイビジョン映像
ネットワーク監視・ハイビジョン映像
今では様々な種類の防犯カメラが市販されていますが、商品によって機能や画質に大きな違いがあります。防犯カメラを選ぶ時に重要なのは、目的に合った画素数の商品を選ぶことです。
画素数によって当然見え方は異なってくるため、安価だからといって低画素数のカメラを選ぶと後悔する可能性が高くなります。最近ではネットワーク監視ができるモノや、ハイビジョン映像やレコーダー機能が付いている商品も増えています。
暗い場所でも使用する場合は、遠赤外線付きの商品を選びましょう。その他にも、最近の防犯カメラには以前は見られなかったいろいろな機能や高画質な商品が多くなっているので、目的に合わせた商品を選びましょう。
詳細情報

このページの先頭に戻る